世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

豊臣秀吉に戰いを挑んだ戦国乱世の花人    池坊専好

小説

豊臣秀吉に戰いを挑んだ戦国乱世の花人    池坊専好

戦国乱世に花開いた華道・池坊専好 花で戦さに挑む

どんな人物であったか?

花戦さ
鬼塚 忠 著
角川文庫



戦国乱世の世、死が人々のすぐそばに存在していた時代に花開いた華道。


人の命が容易く儚く消えてゆく時代に、僧侶として花の人として、自分の花で人を勇気づけ「生きる力」を伝えようとした池坊専好の生涯を書いた時代小説です。


作中で描写された花は、今公開中の映画「花戦さ」と併せて観れば、ますます専好の立花を感じ取れると思います。




現代社会も500年前と変わらず、戦争が絶えず、格差が拡がり、生きづらい世の中でありますが、「つらい時、苦しい時、寄り添ってくれる花」があれば、一時の潤いになる。




それを感じさせてくれる一読に値する本です。

池坊 専好(いけのぼう せんこう)は、華道の流派池坊の家元およびその継承予定者が名乗る名跡。安土桃山時代から現代にかけて4人がこの名を名乗った。
池坊専好(初代)(天文5年(1536年)? - 元和7年6月24日(1621年8月11日)
華道家元三十一世。池坊専応・専栄によって基本が形成された立花を、より立花感のある構成に発展させた。文禄3年(1594年)、豊臣秀吉の訪問を迎えた前田利家邸において、幅四間(約7m)の床の間に巨大な砂之物(立花の一形態)を立てたといわれる。慶長4年(1599年)に京都の大雲院で催された百瓶華会(ひゃくへいかかい)には弟子100人が作品を飾り、多くの観衆を集めた。生年は1541年(天文10年)ともされる。

出典 http://ja.wikipedia.org

この記事もDreamersで作成しました。

ランニングコストもかからない。

1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ