稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

事故物件をロンダリングする?

小説

事故物件をロンダリングする?

事実は小説よりも奇なり〜事故物件ロンダリング

これは小説だけの世界であろうか?

内田りさ子、32歳。訳あって夫と離婚し、戻る家をなくした彼女は、都内の事故物件を一ヶ月ごとに転々とするという、一風変わった仕事を始める。



斡旋した不動産会社屋の相場から、トラブルが起きた時はいつでも電話をかけてよいとの手厚いフォロー体制がなされている。

更に
①なにかあったら、必ず連絡する。
②おかしいと思ったら、すぐに部屋を替わる。我慢しない。
③夜はドアを開けるな。

以上の約束をなぜ守らなければならないかを作中では、これでもか、というほどの様々な事故物件後に起こる出来事でリアルに描いている。






行き場の無い悲しみや苦しみ・後悔など人間のどうしようもない負の感情をリアルに描写し、読む側もエネルギーのいる物語である。




普通の部屋に住め、普通に日常生活を送れるありがたさを痛感する小説である。

原田 ひ香(はらだ ひか、1970年 - )は、日本の小説家、脚本家。神奈川県生まれ、東京都杉並区在住。大妻女子大学文学部日本文学科卒業。
2006年に第34回NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞公募(現・創作ラジオドラマ大賞)に「リトルプリンセス2号」で最優秀作受賞。
シナリオライターとして活動した後、2007年に「はじまらないティータイム」で第31回すばる文学賞受賞。
2010年、「30年目のブルーテープ」でBKラジオドラマ脚本賞に入選。

出典 http://ja.wikipedia.org

1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ