次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

古代バビロニア人の富の方法

ビジネス

古代バビロニア人の富の方法

収入の一割を貯めるべし

バビロンの栄光は消えても「知恵」は残された

バビロンは古代世界で最も裕福な都市となったが、それは、バビロンの人々は、お金の価値をきちんと認めていたからである。


「富とは力だ」
「富があればできることは限りない」



そして、
①お金を手に入れ
②手に入れたお金を守り
③そのお金でさらに多くのお金を手に入れる


ための「健全な原則」を守っていた。







「古代バビロニア人の七つの知恵と原則」



①財布を太らせることから始めよう〜報酬の十分の一を取っておく

②自分の欲求と必要経費を混同するべからず〜一番大事な欲求が叶えられるよう支出のための予算を組む

③貯めた資金は寝かさずに増やすべし〜しっかりとした定期収入こそが財産

④損失という災難から貴重な財産を死守すべし〜元本を確保すること

⑤自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ

⑥将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし〜少額でも“定期的“に積み立ててゆく

⑦明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし
 〜例えば、支払い能力を超える買い物はしないことなど。












本書は、バビロンの大富豪の知恵を現代のビジネスに置き換え、その極意をわかりやすく説き明かした名著であり、あらゆる人にとっての羅針盤となる名著である。

バビロン
メソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。
語義は「神の門」(アッカド語: 𒆍𒀭𒊏、Bāb-ilim、古代ペルシア語: 𐎲𐎠𐎲𐎡𐎽𐎢、古希: Βαβυλών[1]、ヘブライ語:בָּבֶל、アラビア語: بابل‎)に由来し、マルドゥクを守護神とした。ウル第3王朝崩壊後のイシン・ラルサ時代の群雄割拠をこの都市に開かれたバビロン第1王朝第6代の王ハンムラビが制して以後、メソポタミア下流域の重要都市として浮上した。これ以後のメソポタミア下流域、すなわちシュメールとアッカド、の地を「バビロニア」(アッカド語: 𒆍𒀭𒊏𒆠、古代ペルシア語: 𐎲𐎠𐎲𐎡𐎽𐎢𐏁、古希: Βαβυλωνία[2])の地名で呼ぶ。

出典 http://ja.wikipedia.org

1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ