キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

人工知能は人間の知能に勝るか?

新書

人工知能は人間の知能に勝るか?

人工知能は私たちの仕事をどう変えるのか?

人間にしか出来ない事は何か?

この本は、棋士の羽生善治さんが対局で埋まるスケジュールの合間を縫って、日本のみならず、世界の人工知能(Artificial intelligence=AI)の最前線へ取材を自ら行い、その後さらに重ねた思索の結果を注ぎ込んだ本です。


人工知能に関する話題のなかで、多くの人が関心をもつものは、人工知能に職を奪われるとうい話ではないでしょうか?

 2013年にオックスフォード大学の研究者、マイケル・オズボーン氏が発表した論文は大きな注目を集めました。論文のなかで、「機械によって消える職業」をランキング形式で紹介しました。

社会に衝撃を与えた理由は、機械にとって代わられるという職種のなかに、弁護士や外科医、公認会計士などの、高度専門職と言われるホワイトカラーが含まれていたからです。

 確かに一部の分野ではすでに人工知能に代られていますが、





「変化へ柔軟に対応する力」



「美意識」



 これらはやはりひとの根幹をなす力であると思います。



 

 羽生さんは人工知能の進化を、人間を脅かすものと否定的に捉えるのではなく、人間の新たな可能性を切り拓くものと肯定的に捉えています。




 人工知能のこれからを考える上で、一読に値する良書です。






羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、日本の将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。

出典 http://ja.wikipedia.org

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ