藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

「不倫」はやっぱり文化だ??

エッセイ

「不倫」はやっぱり文化だ??

センテンス・スプリングが火をつけてしまった『不倫は許すまじ』

不倫は文化?


 なぜ、不倫叩きが起きるのか?




 林真理子と紫門ふみの対談が面白い。



①男の嫉妬〜もてない男のひがみ



②ネットであっという間に炎上してしまう





では、不倫で許される人はいるのか?


老人枠で許されるのは、ビートたけしさんくらい?



などなど、酸いも甘いも経験してきた気鋭作家のご両人の毒舌?真理?の対談は一読に値する。

出典 http://wol.nikkeibp.co.jp

林 真理子(はやし まりこ、1954年4月1日[1] - )は、日本の小説家、エッセイストである。有限会社林真理子企画事務所代表取締役。山梨県山梨市出身。山梨県立日川高等学校を経て、日本大学藝術学部文芸学科を卒業。
コピーライターとして活動の後、1982年(昭和57年)に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなった。さらに1986年(昭和61年)には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家としての地位を確立した。林の功績は、 1980年代以降において、「ねたみ・そねみ・しっとを解放」したことであるとも評される[2]。
林は現在、直木賞の選考委員のほか、講談社エッセイ賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めている。

出典 http://ja.wikipedia.org

現金がどんどん貯まるオンラインモール

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

月別アーカイブ