Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

7年先の2025年には、ブロックチェーンを使い社会を根底から変えるシェアリングエコノミーとなっている可能性大

専門書

7年先の2025年には、ブロックチェーンを使い社会を根底から変えるシェアリングエコノミーとなっている可能性大

ブロックチェーン技術により車も仕事も住む場所もシェアリングエコノミーとなってゆく。

玉蔵さんとは?

10年続く人気ブログ「黄金の金玉を知らないか?」参照

玉蔵さんのTwitter

ブロックチェーンについて学びたい人必須の本。 難しいことを易しく解説してくれている書籍。 時間のないひとは、第5章だけでも読んでみると良い。

第1章:ブロックチェーンって?


難しい言葉を易しく解説。

P2Pやハッシュ、ペア鍵の意味が分かる。

第2章:ブロックチェーンの今

ICOについてよくわかる。

第3章:シェアリングエコノミーの衝撃


現代社会は「すでに資産を持っている人が、圧倒的に優位」である。

r > g


r(リターン)=株や不動産などの資産運用から得られる利益率のこと

g(グロース)=働いて得る、所得の伸び率のこと(経済成長率)

第4章:独自通貨を作ってみよう! プログラミング入門


 私たちも、直ぐに自分通貨を作れる!

第5章 お金って? 通貨の根本にある大切なこと

 超重要! 第5章必読。

あなたは、この事実を知っていましたか?

お金を作っているのは国じゃない!

お金を作っているのは国じゃない!



「世界の基軸通貨」と言われる米ドルはどこが発行している?


①アメリカ合衆国政府

②FRB






答え






②FRB

FRBは私企業。国の機関じゃない。

FRBの株主。

モルガン、ウオーバーグ、ロスチャイルド、ロックフェラー、クーン・ローブ商会などの
ユダヤ系の金融資本が株主である。


通貨発行権をもっているのは、



なんとユダヤ金融財閥であった。

2009年2月の先進国7カ国(G7)

財務大臣=中川昭一氏

IMF専務理事=ストロスカーン氏

中川氏 :「日本の外貨準備金1000億ドルを拠出して財政破綻寸前の国々を救済する」と発表。

ストロスカーン氏:「日本による融資は、これまでの人類史上で最大規模のものだ」と絶賛。


日本が今まで塩漬けにしたままの活用しない米国債を担保に融資を行う、つまり米国債を流通させる
仕組みにした。


米国債=紙くずを買い続け、誰にも売らず、塩漬け → 米ドルは価値を保持できたが 

    → 米ドルが暴落

        ↓


この2人の衝撃の結末は。。。



泥酔会見で失脚、その後自宅で死亡。


ホテル従業員の女性に性的暴行を働いたという罪を着せられて失脚。

この世の中はまともなことをやろうとすると、死ぬか、失脚する。。。。

そして、何度もいうが、


現代社会は「すでに資産を持っている人が、圧倒的に優位」である。

r > g



働けども、はたらけども、暮らしは楽にならず。。。

しかし、知っている、知らないでは大違い。

この本は、世界の「本当の仕組み」がわかる、一読に値する良書である。

この記事もDreamersで作りました。

在庫なし、ランニングコストもかからない。

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ